家を守るための外壁塗装を成功させる!知っておくべき基本知識を紹介します

当サイトでは家を守るための外壁塗装を成功させるために、知っておくべき基本知識を紹介しています。
外壁の塗り直しを検討している場合には、参考になるかもしれません。
外壁の塗装をする際の費用相場はどのくらいになるかも解説しています。
古くなった建物の壁をきれいにしたい場合には費用を事前に確認しておくと安心です。
外壁の塗装を依頼する業者はよくリサーチしてから決めるのがおすすめです。
納得の業者を見つけるようにしましょう。

家を守るための外壁塗装を成功させる!知っておくべき基本知識を紹介します

家を守る外壁塗装をしようと考えている人もいるのではないでしょうか。
自然現象により劣化する外壁塗装は、定期的に行うのが理想です。
塗装の寿命は塗料により異なり、立地によっても異なります。
チョーキングが起こったり、ヒビや剥がれが現れた場合には早めに塗り替えをすることをお勧めします。
外壁塗装に適した季節は春から秋で、冬は地域によっては施工できないこともあります。
雨の日も外壁塗装は施工できないので注意が必要です。

外壁塗装の目的をしっかり理解する

外壁塗装をすることの目的をよく理解していない人も存在するかもしれませんが、基本的に住宅をきれいにするためではなく、住宅の寿命を長くするのが大きな理由になってくるはずです。
当然ながら新しく塗装をしておくことで、住宅の壁はきれいになりますからその点でもメリットにはなってくると考えられます。
しかし外壁塗装の大きな目的は住宅を雨や紫外線などからのダメージから守ることであり、塗料の力によって雨が壁に染み込むのを防ぐことができますから、当然ながら下地の柱などが腐ってしまうのを防ぐことが可能です。
仮に下地の柱などが腐ってしまう状態になってしまうと、住宅が危険な状態になってしまいますから、最悪の場合は倒壊してしまうようなことも否定することはできません。
外壁塗装をしておくことによって、そのような状態になってしまうことを効率的に防いでいくことができますから、外壁塗装の依頼者も安心して生活できるようになるはずです。

外壁塗装で断熱と遮熱性が向上する

一般に外壁塗装と聞くと、家の外見を良くする効果を真っ先に思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、実は快適な暮らしに欠かせない断熱と遮熱性を向上させることもできるのです。
一般の塗料ではなく、熱伝導率の低い塗料を使って外壁塗装を行うことによって、外の熱は中に伝わりづらくなりますし、逆に中の熱は外に出て行きづらくなります。
結果として、夏は家の中の温度が上昇するのを防ぐことができ、冬は内部の暖かさが外部へ出て行きにくくすることができるのです。
遮熱性に関して言えば、遮熱性の高い塗料を使って外壁塗装を行うことにより、日光を反射して熱を吸収しにくくすることができます。
また熱を吸収したとしても、放出しやすい性質を持つ塗料のおかげで、早く熱を冷ますことができ、快適な生活が送れるようになります。
その結果、外壁の温度を下げて中に入り込む熱を減少させることができ、特に夏は、日光による室内の温度上昇を防ぐことができるでしょう。

外壁塗装を行えば家の耐久性が高くなる

近所で外壁塗装をしているところを見かけたら、自分の家もやらなければいけないのか気になるかもしれません。
一般的に新築の住宅でも10年ぐらい経過しているのであれば、外壁塗装しておかないと問題が起きてしまうような可能性が高いです。
どのような問題が起きるのか気になるかもしれませんが、基本的には外壁の部分が劣化していくことで壁が腐食してしまうような状態になることも否定できません。
当然ながら雨などの影響も大きく受けてしまいますから、海の近くであれば塩害などの対策もしておくのが重要になってくるはずです。
外壁塗装をすることで塗料が外壁を守ってくれる状態になるので、自然な流れで住宅の耐久性を向上させていくことができます。
外壁塗装は誰でも利用することができますし、サポートしてくれるところはたくさんあるので安心です。
使用する塗料の種類によっては、かなり長い期間で耐久性を向上させていくことができるので、満足度も高くなるかもしれません。

外壁塗装は10年ごとに実施するのが望ましい

外壁塗装は10年ごとに実施するのが望ましいと言われています。
外壁塗装で使用される一般的な塗料の耐用年数は約10年ほどです。
建物がある環境などでわってきますが、新築だと10年ほどで塗料が持つ機能が低下します。
外壁の塗装は美観を維持するだけでなく、建物の寿命を延ばすために必要不可欠なメンテナンスです。
外壁は紫外線や雨、風など自然からのダメージを常に受け続けています。
塗料はこれらの自然ダメージから、建物を守る役割をしています。
経年劣化によってとりょうが剥がれ落ちてしまうと、外壁にクラックと言われるひび割れが生じやすくなり、このクラックから雨水が入り込んでしまうと柱や梁などが傷む原因となるようです。
場合によっては柱などが腐食してしまい、建物の耐震性が落ちてしまうこともあります。
このようなリスクがあることから、10年ごとの外壁塗装が必要です。
一般的な塗料だと耐用年数は10年程度ですが、より機能性の高いものだと15年から20年ほど持つと言われています。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装の基本知識

当サイトでは家を守るための外壁塗装を成功させるために、知っておくべき基本知識を紹介しています。外壁の塗り直しを検討している場合には、参考になるかもしれません。外壁の塗装をする際の費用相場はどのくらいになるかも解説しています。古くなった建物の壁をきれいにしたい場合には費用を事前に確認しておくと安心です。外壁の塗装を依頼する業者はよくリサーチしてから決めるのがおすすめです。納得の業者を見つけるようにしましょう。

Search